近代製鉄発祥160周年記念フォーラム

2018/02/05|カテゴリー:イベント

近代製鉄発祥160周年記念フォーラム

 

安政4(1857)年に盛岡藩士 大島高任が洋式高炉による連続出銑に成功してから160年が経ちました。

 

近代製鉄発祥の地・釡石の情報発信とものづくりの魂の次世代への継承、さらには橋野鉄鉱山を含む「明治日本の産業革命遺産」の理解増進のため、記念フォーラムを開催します。

主催

釜石市、釜石市教育委員会

共催

鉄のふるさと釜石創造事業実行委員会

後援

岩手県、岩手県教育委員会、一般社団法人日本鉄鋼連盟

日時

平成30年2月10日(土)
10時開演(開場9時30分)、終演13時予定

会場

釜石市民ホールTETTO ホールA ※入場無料

主な内容

※司会進行 テレビ岩手アナウンサー 古舘 友華 氏
■記念対談
テーマ:鉄のまち釜石から世界へ
対談予定者
・内閣官房参与 加藤 康子 氏
・国連人口基金東京事務所長 佐藤 摩利子 氏
・釜石応援ふるさと大使(元釜石製鐵所長) 猪瀬 迪夫 氏
・釜石市長 野田 武則
 
■「鉄とともに!!」スペシャルライブ  テツandトモ
音楽パフォーマンスと釜石にちなんだオリジナル曲の披露
釜石の特産品が当たる抽選会
■鉄のふるさと宣言
釜石市立白山小学校 6年生6人による朗読

この記事に関するお問い合わせ
釜石市 産業振興部 世界遺産室
〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
電話 0193-22-2111 / Fax 0193-22-2762 / メール
元記事:https://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/spot/hashino_tekkouzan/detail/1216042_3028.html
釜石市

釜石市

釜石市公式サイトと連携し、縁とらんすがピックアップした記事を掲載しています。記事の内容に関するお問い合わせは、各記事の担当窓口までお問い合わせください。

釜石のトピックス